糖質制限 糖質制限についての豆知識・雑学 著名人と糖質制限

【江部洋一郎】江部医師が糖質制限に出会うまで

 こんにちは。

 糖質制限をされている方ならほとんどの方はご存知の江部康二医師。2002年から糖質制限をはじめ、今に至るまでずっと糖質制限食を続けておられます。体も健康そのものらしく、ブログをはじめ各講演などに参加するなど医師として様々な活躍をされておられます。

その糖質制限の第一人者ともいうべき江部医師ですが、どのようにして糖質制限に出会ったのでしょうか。

今日はインタビューをもとにそれを紐解いていきたいと思います。

糖質制限食を糖尿病の治療食として導入したのはお兄さんの江部洋一郎さん

 いきなりですが、江部医師は糖質制限の第一人者ではありません。

 

おいおい、いきなりなんだという話ですが、後述しますが江部医師は実は糖質制限を推奨するどころか当初糖質制限を否定すらしていました。

 

ご存知の方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、実は糖質制限食の第一人者と呼ばれている江部医師は糖質制限に出会ってから2年間ほど糖質制限を否定していたのです。

 

 本当の糖質制限食の第一人者は江部医師のお兄さんの江部洋一郎さんという方が糖質制限食を高尾病院で開始したのが始まりと江部医師は語っています。

――江部先生が糖質制限食を始めたきっかけは。

 私の2歳上の兄、江部洋一郎の影響です。兄は1999年から糖質制限食による糖尿病治療を始めていました。冒険家・植村直己氏がイヌイットについて記した本や、米国の『シュガーバスター』という糖質を減らす食事を紹介した本を読んだことで、糖質制限に興味を持ったようです。

引用:https://www.m3.com/clinical/open/rinshodojo/153102

 

 こちらの江部洋一郎さんは、現在江部医師が院長を務めておられる高尾病院の先代の院長を務めておられており、後に高尾病院を去り、ご自身で開いていた江部医院を経営なさっていたようです。

 

2008年には高尾病院の名誉院長にもなられていますが、2017年に亡くなられており現在はご存命ではありません。

 

漢方など、東洋医学に造詣が深い方だったようで、著書には『経方医学』シリーズと呼ばれるものがあります、内容はかなりガチです(笑)

江部医師は当初糖質制限を否定していた!?

 さて、現在も糖質制限食を継続しておられる江部医師。

 

 糖質制限を始められたのが2002年からですから実に20年以上もの間ずーーーっと糖質制限食をされておられます。それもゆる糖質オフなどの軽いものではなく、高尾病院で「スーパー糖質制限食」と呼ばれている、一食の糖質量を20g以内に抑えるというガチ中のガチのやつです。

 

 それだけガチで取り組んでいるのだろうから、さぞかし最初から糖質制限に興味津々だったのかと思いきや先ほども書いた通り全然そうではなかったようです。

 当時、私は兄の治療を全く信用していませんでした。まさに今、糖質制限の効果を疑いの目で見ている多くの先生方と同じような状態だったと思います。

引用:https://www.m3.com/clinical/open/rinshodojo/153102

 

 思っていたのと違っていたかと思いますね。疑ってたとか、怪訝な目で見ていたとかじゃなくて全く信用していなかったですからね(笑)

 

確かに目新しい治療法というものは最初は疑われたり、ハナから相手にされなかったりするものです。ですが、ここで転機が訪れたようです。

担当の患者さんの一言が江部医師のその後を変えた

 江部医師が兄、洋一郎さんの糖質制限に傾倒する転機は2つありました。

 

ご自身が担当していた患者さんの変化、そして江部医師自身が糖尿病にかかったことにありました。

 兄が糖質制限治療を始めてから2年後の2001年に転機が訪れました。私は空腹時血糖560mg/dL、HbA1c 14.5%の糖尿病患者を受け持ち、玄米を中心とした1日1600kcalの食事療法を行っていました。でも、1週間経っても血糖が400mg/dLを切らない状態が続きました。

 ある日、その患者が訴えました。「隣の患者の食事の方がおいしそうや」と。兄が診ている同室の糖尿病患者の糖質制限食のことでした。

 私は血糖コントロールがうまくいかないので、半ばヤケクソで兄の糖質制限食に切り替えたのです。そうしたら、すぐに血糖が200mg/dLを超えることがなくなり、尿糖も66 g/dLから8 g/dLに改善しました。

 これには本当にビックリしました。それから糖質制限食を勉強し始めたのです。

引用:https://www.m3.com/clinical/open/rinshodojo/153102

 

 洋一郎さんが糖質制限食を導入するまでは、高尾病院では玄米食を中心とした「玄米魚菜食」を1984年から導入し、糖尿病の治療食として患者さんに指導されていました。
あの江部医師が糖尿病の患者さんに「玄米を食べなさい!」なんて言っている姿は今では想像もつきませんが、当時は糖質制限も知られていなかったので、健康というイメージがついている玄米食を推奨しておられたのだと思います。玄米を糖質制限で食べてしまうという間違いは今でもありますしね。私も「糖質制限の勘違い 健康食品編」にて取り上げました。

 

 ですが、上のインタビューでもあるようにある患者さんの血糖コントロールがうまくいかない、そりゃそうです、だって糖質摂ってますからね(笑)そこで隣の洋一郎さんの患者さんの糖質制限食をおいしそうと患者さんが言われたのでやけくそで(笑)試しにやってみたところあっという間に糖尿病が改善、江部医師自身も糖質制限に興味を持つようになりました。

 

ですが、実はここまでに2年の歳月が流れています。江部医師だけでなく、管理栄養士さんもあまり信用していなかったようです(^_^;)

 

もし、この時に患者さんが糖質制限食を「おいしそう…」と言わなければ江部医師の今は全然違ったものになっていたかもしれませんね。

自分自身も糖尿病にかかってしまい、死に物狂いで勉強

 そして患者さんとは別に江部医師にもう一つの転機が訪れます、江部医師自身が糖尿病にかかってしまうのです。

 

 さらに翌年の2002年に「追い風」が吹きました。皮肉なことに、自分自身が糖尿病を発症したのです。父も母も糖尿病を患う「糖尿家系」なので、いつか来るとは思っていましたが、油断していました。自分のことでもあるので、本気で必死になって勉強しましたね。 

発症する前に今の知識があれば、糖尿病を発症することはなかったと思います。

引用:https://www.m3.com/clinical/open/rinshodojo/153102

 

 医者の不養生ではありませんが、糖尿病を指導していた江部医師自身が糖尿病にかかってしまうという皮肉。

 

 糖尿病には体質的になりやすいなりにくいというものがあり、それは遺伝すると言われています。それが江部医師が語る「糖尿家系」と呼ばれるもので、親類縁者に糖尿病の方がいた場合、その方自身も糖尿病になる確率が上がるというものです。江部医師の家計はお父さん、お母さんともに糖尿病になっているいわば糖尿病のハイブリッドな家系だったらしく、かなり糖尿病になりやすい体質だったみたいです。

 

そしてご自身も糖質制限を導入するようになり、自身の体をもってその効果を体験することになります。

 

そしてその効果をこうも語っています。

 ――糖質制限食の効果を目の当たりにして、疑念が吹き飛んだのですね。

 それはもう。「新規糖尿病薬の導入で300 mg/dLあった血糖が280 mg/dLに低下、著効した!」なんてよく発表されていますが、そんなの笑っちゃうくらい、糖質制限食による血糖降下にはインパクトがあります。

 現在、一般的とされている糖尿病治療は、HbA1c 6.9%未満を目指してカロリー制限と服薬の組み合わせる方法です。これが本当に効く治療ならば、毎年の新規透析導入者のうち、どうして糖尿病性腎症の患者が1万6000人以上にも上るのでしょうか。彼らは治療を怠けた悪い患者なのか――。違うでしょう。大部分の患者は真面目に指導された通りに実践して、それでも合併症が起きてしまっているのです。

 かつての糖尿病治療では、空腹時血糖に注目していました。近年、UKPDSやACCORDといった大規模臨床試験で、食後高血糖や平均血糖変動幅にも気を付けるべきだと分かってきた。血糖が変動すること自体が血管や臓器に悪影響を及ぼすのだ、と。

 でもね、糖質を食べればそりゃ血糖は上がりますよ。逆に、糖質を食べなければ血糖は上がりませんたんぱく質や脂質をいくら食べても血糖にはなりません。この事実、ご存知でなかった先生方もいらっしゃると思います。

 一般に「バランスの良い食事」は、糖質:脂質:たんぱく質=50-70:20-25:10とされています(『日本人の食事摂取基準(2010年版)』30歳から69歳の値)。糖質制限食では、この比を27:45:28とします。私が実践しているのは、12:56:32とさらに糖質を減らした「スーパー糖質制限食」です。

江部洋一郎

引用:https://www.m3.com/clinical/open/rinshodojo/153102

 

少し長いのではしょろうかと思いましたが、あまり切り貼りすると恣意的なものになってしまうのでやめました。(頑張って読んでください(笑))

 

この上のインタビューの中では

  • 薬などより糖質制限食の効果の方が絶大
  • 現在の一般的な糖尿病の治療食を行っているのに合併症が起こる人がいる
  • 糖質を食べれば血糖値は上がる、つまり治療にならない

この3点に注目です。

糖尿病は

  • 1に食事
  • 2に薬
  • 3に運動

と言われているくらいに食事が大事ですが、現在はその食事の指導方法が間違っているため、真面目に指導に従ったのに糖尿病が悪化する患者さんがいらっしゃいます。

 

私も以前に「糖尿病の標準治療ガイドへの不信感」にて書きましたが、糖尿病での治療にはエネルギーのコントロールではなく、糖質のコントロールが必要です。エネルギーに焦点を合わせた現在の糖尿病の食事指導は間違っていると言わざるを得ません。

 

 高尾病院では3つのメニューから糖質制限を指導しているようです。

江部医師は糖質制限を始めて以来20年以上健康体を維持している

 さて、その江部医師自身、糖質制限に猛烈に取り組み現在では糖質制限の第一人者と呼ばれています。

 

 その中でやはり無知な方や糖質制限が広まると都合の悪い方たちからいわれもない批判を受けていたと思います。その中で特にいわれるのは健康被害についてのこと。

 

曰く

  • 糖質制限をすると頭が働かなくなる」
  • 「脳は100%糖質しかエネルギーにできない」
  • 「筋肉が衰えたり、骨粗しょう症になる」
  • 「肝硬変や動脈硬化の原因になる」

などなど、言い出したらキリがありません。

 

江部医師自身ブログにてそのような批判に反論していますが、私からみれば一番の反論は

 

江部医師が20年以上スーパー糖質制限をしているにもかかわらず

現在に至るまで全くの健康体である事実

 

これこそが一番の反論であり、その反論を証明するための論証と言えるでしょう。

 

江部医師はもちろんこれからも糖質制限を続けていかれると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

江部医師が糖質制限を当初否定していた、なんてちょっと面白いですよね。

 

ですが、その後きちんと事実を認め糖質制限を勉強、研究し自身に取り入れたということはすごいことだと思います。まあ、言っても半ばやけくそらしいですが(笑)

 

人間中々自分の意見って変えにくいものですからね(^_^;)

 

少し糖質制限とは違いますが、第一人者である江部医師のお話でした。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

-糖質制限, 糖質制限についての豆知識・雑学, 著名人と糖質制限