金スマで紹介されたロングブレスで糖尿病が改善されたという話について

 こんにちは。

 

 今日はロングブレスで糖尿病が改善された!?

 

 というお話についての個人的な感想です。

 

スポンサーリンク

ロングブレスで糖尿病の値が改善?

 去年の年末の金スマで紹介されていたロングブレス。

 

 そこでなんと、痩せる効果だけではなく、重度の糖尿病患者の血糖値が劇的に改善されたという話があるのです。

 

 その患者は番組ディレクターさんで、ロングブレスを始める前は空白時の血糖値がなんと420。

 

 かなりの危険水域。

 

 

 

 

 それがなんと2か月のロングブレスを実践した結果、なんと血糖値が60にまで下がったというのです。

 

 

 おー!すごい!と誰もが思うかも知れませんが‥‥

 

 個人的には少し疑問が残りました、というかかなり、いや無茶苦茶疑問。

 

 少しその理由を解説していきます。

鵜呑みにするのは危険かも…TVの演出の可能性が…血糖値が420で薬を飲んでいない?

 なんでそんなに懐疑的なの?

 

 と、もしかしたら人は思うかもしれません。

 

 ですが、よくよく考えればかなりおかしいことがはっきりとわかるのです。

 

 それは血糖値が420なのに、2か月の間薬を飲んでいなかったというディレクターの発言。

 

 ちょっと常識では考えられません…(-_-;)

 

 以前に森永卓郎さんの記事を書いたのですが、その時の森永卓郎さんの状態はこんな感じ。

 

  • HbA1cが11.4%
  • 血糖値は400㎎/dl
  • 眼底出血により3カ月以内に失明の危険
  • 余命半年

 血糖値が400を超えているというのは正直、すぐに入院してもおかしくないレべルです。

 

 森永さんも3カ月以内に失明するとまで言われていました。

 

 森永さんは糖質制限を行うことで一命をとりとめましたが、血糖値が400もある状態で食生活を改善しないのであれば確実に薬での血糖コントロールもしないとかなり危険な状態になります。

 

 また、糖尿病ネットワークでのQ&Aでも血糖値が高くなるとどうなるの?という質問に対して以下のように答えています。

 血糖値が多少高い程度(200 mg/dL 前後)では、ほとんど症状は現れません。もう少し高い場合(300〜400mg/dLぐらい)は、のどが渇いたり、尿の量が増えたり、倦怠感(疲れやすさ)を感じたりします。また、皮膚に出来物ができやすくなったり、集中力がなくなる、おなかがすく、やせてくる、などもよく現れる症状です。しかしこれらの症状も、血糖値が高くない健康な人でも割とよく起こりがちな珍しくない症状なので、自覚症状から糖尿病に気付くことはあまりありません。そのため、糖尿病の人の多くは、住民検診や職場検診などの検査で発見されます。
 血糖値がさらに高くなると(およそ500mg/dL以上)、吐き気や嘔吐、あるいは意識が遠のく、昏睡に陥るなどの危険な状態に至ります。

 

 TVでの実験とはいえ、空腹時血糖値が420もある糖尿病患者が薬を飲まずにそのような不確定なものに挑戦するでしょうか?

 

 TVってそういうものだから、、、という人もいるかもですが、そもそも空腹時血糖値が420もあればかなり体調がおかしくなってるはずなんですよねえ、、、

 

 食後血糖値じゃないんですよ?

 

 もし、この人がさらにご飯むしゃむしゃ食べたら血糖値がどれくらいになるのやら、、、(ーー;)

 

 食事内容など、他の要素についても一切触れられていませんし、ロングブレスだけで血糖値が下がったなんてとてもじゃないですが信じられません( ̄▽ ̄;)

スポンサーリンク

糖尿病への効果は不明確、でもシェイプアップには期待できるかも

 ただ、やり方を見る限り腹筋の引き締め効果や体幹の安定など、プランクと同じく引き締め効果は期待できると思います。

 

 ロングブレスのやり方は非常に簡単で、

1、下腹部に力を入れてまっすぐに立つ。

2、足を前後にずらし、力を入れたまま後ろ足に重心を残し、体に負荷をかけて前足から頭まで一直線になるような体勢になる。

3、3秒で鼻から息を吸い、腕を大きく回して7秒で口から一気に息を吐く。

 

これを1セット10秒×6回=1分間行います。

 

 ちなみに私も昔やってみたのですが、ほとんど効果はありませんでした笑笑

 

 やり方が不味かったのか、それとも食事内容を一切変えなかったからなのかはわかりませんが、かなりやり込んでも結果としてはほとんど現れませんでした。

 

 そのせいもあってか、かなりロングブレスに対して懐疑的なんですよねえ( ̄▽ ̄;)

 

個人的な評価としてはおまけ程度に

 考案者の三木さん自身もおっしゃっていますが、ロングブレスはあくまで健康法の一つとして考えておいた方がいいです。

 

 個人的にはウォーキングとかラジオ体操などと同じレベルくらい。

 

 多分三木さんはもっと違う意味で言ってるんでしょうけど💦

 

 私は効果ありませんでしたけど、ちゃんとトレーナーさんについてもらってやれば多分効果あります、多分、、、

 

 でも、そこまでやるなら普通にジムに通った方がいい気もします( ̄▽ ̄;)

 

 石原慎太郎さんが歩けるようになったというのも他の要素が全くわからないので、ロングブレスがどれくらいの割合で貢献出来ているかがわからないので、評価しようがありません😅

 

 あくまで個人的な感想ですが、シェイプアップ目的程度ならともかく、糖尿病の治療や高血圧の治療の目的で、ロングブレス一本に頼るのはかなり危険な行為だと思います。

 

 

 やるならあくまで他のスタンダードな食事制限などをメインにおまけとして取り入れるのがいいでしょう。

 

 キチンやればマイナス効果はほとんどないと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ 

まとめ

 呼吸法というものは確かに昔から大事にされていました。

 

 私が好きなヨガでもしっかりと腹式呼吸を行い、精神を落ち着かせ内蔵にも良い効果があるとされていて、とても重要視されています。

 

 ですが、ロングブレスに対してはまだ何も科学的な実験がされていませんから、宣伝されている効果を鵜呑みにしてしまうのはどうかと思います。

 

 もしかしたら本当にすごい効果があって、医学会に革命が起きるかもしれませんけどね💦

 

 ダイエット、高血圧、糖尿病、どれに対しても私個人は食事がほぼ全てくらいに思っています。

 

 運動を取り入れるのもいいですが、まずは何より食事内容の改善から見直しましょう。

 

 皆さんが健康でありますように。

 

 本日もご覧頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!