糖質制限をしているみなさんを応援します!

糖質制限応援.com

糖質制限 食べ物・飲み物

糖質制限中のストロングゼロってどうなの?

更新日:

 こんにちは。

 

糖質制限中でもお酒を飲みたい人はたくさんいるでしょう。

 

なんだかんだで飲んでしまっている人も少なくないはず。

 

でも、糖質制限中ってお酒の種類選ばないといけないですよね?

 

その中で最近話題のストロングゼロはどうなのでしょうか?

 

今日は少しストロングゼロについて考えてみます。

スポンサードサーチ

ストロングゼロはあり?

 早速ですが、ストロングゼロは糖質制限中に飲んでいいものなのでしょうか?

結論から言えばありです。

その理由は成分表と原材料を見れば簡単にわかります。

 

ストロングゼロの原材料一覧

例えばストロングゼロのトリプルピーチの場合

上から

  • ウォッカ
  • 桃付け清酒
  • 炭酸
  • 酸味料
  • 香料
  • 甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

となります。

 

桃や桃付け清酒が気になりますが、成分表はどうなっているでしょう。

 

ストロングゼロの成分表

こちらもストロングゼロのトリプルピーチの成分表

100mlあたり

  • カロリー :54kcal
  • たんぱく質:0ℊ
  • 脂質   :0ℊ
  • 炭水化物 :0.3~0.8ℊ
     うち糖類:0ℊ
  • 食塩相当量:0.02~0.06ℊ

となりました。

 

たんぱく質や脂質は0なのは置いておいて、大事なのは糖質

炭水化物が0.3~0.8ℊ

桃と言っても桃の果汁が1.2%入っている程度なので糖質は全然低いようです。

 

甘味料を無視して100%糖質であったとしてもかなり少ないですよね。

  • 350ml缶の場合だと1.05~2.8ℊ
  • 500ml缶の場合でも1.5~4ℊ

程度の糖質しかありません。

 

もちろん甘味料分も抜けばもっと少なくなるでしょうから、ストロングゼロは糖質制限中のお酒として向いていると言えます。

 

酔いやすいので注意

 さて、ここからはストロングゼロの注意点などをお話していこうかなと思います。

 

 ストロングゼロの注意点は非常に酔いやすいこと。

 

 ストロングゼロに限ったことではないのですが、

炭酸+アルコールのお酒には少し注意をした方がよいでしょう。

 

というのも、

炭酸には胃の吸収力を促進する効果があるため、とても酔いやすいためです。

 私自身の体験談で言えば日本酒を結構な量飲んでいても中々酔わなかったのが、もっと度数が弱いはずのチューハイやサワーを飲んだ時の方がずっと酔いが回りやすかったのです。

それは炭酸と同時にアルコールを飲んだために起こったことなのだと今ならわかりますね(^_^;)

 

 ストロングゼロは

市販の炭酸+アルコールのお酒の中でも一番度数が高いものになります

から、なおさら注意が必要です。

 

 ほどほどにしていれば全然問題ないのですが、2本3本と飲んでしまうと倒れてしまったり、急性アルコール中毒になったりするかもしれませんので、本数には注意しましょう。

飲みすぎも気にして

 後はカロリーも気にしていた方がいいですね。

これもストロングゼロに限ったことではありませんが、お酒のカロリーはエンプティーカロリー

 エンプティーとは「空っぽ」という意味で、栄養素が何も含まれていないとても無益なカロリーということ。

 

 ストロングゼロの場合100ml当たり54kcalですから、500ml缶一本で270kcalになります。

 2本飲むと540kcal、一日の1/3のカロリーをお酒で使ってしまうことになります。

 

 以前の記事でもお伝えしましたが、糖質制限中といってもカロリーを無限に摂っていいというわけではないので、摂らないでいいカロリーは摂らないに越したことはありません。

 

 おまけで言うとストロングゼロは糖質が完全に0ではないので、そこもちょっとだけ気にした方がいいでしょう。

 糖質に焦点を合わせるならやはりハイボールかロック、水割りがおすすです。

 

 お酒が好きな方は量を気にした方がいいかもしれませんね。

関連記事

 

食べすぎにもつながる

 また、お酒は食欲の促進効果もあります。

 

お酒を飲むと食べ過ぎてしまうのは偶然やその場の雰囲気のせいではなく、アルコールのせい。

 

 単純にアルコール自体がカロリーを持っているということもありますが、アルコールによる食欲増進効果でもカロリーは上乗せされていきますので注意が必要です。

 

 さらに言うと、お酒の飲みすぎは胃の活動を妨害してしまいます。

 お酒を飲むとアルコールの分解が人間の体の中で優先して行われますから、他のものは後回し。

 食べたものがなかなか消化吸収されず、胃もたれなどの原因となります。

 

 特にお酒をたくさん飲んで食事も結構摂ってしまった時によって寝てしまうと最悪です。

 

 睡眠中は胃の活動が静かになりますから、余計に胃の中のものが消化されず、朝起きた時でも昨日のご飯が胃の中に残っていることもあります

 

 そうなると、その日の午前中、下手をすれば一日中気分が悪い状態で過ごさなければなりませんので、生活の質も落ちてしまいます。

 

飲みすぎる

食べすぎる

食べたものがなかなか消化されない

 

という結構嫌なコンボが待っています。

 

 くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。 

まとめ

 適度に飲めばストロングゼロも糖質制限中に飲んでOKです。

適量という意味では350ml缶を1本、ここまでですね。

これくらいならほろ酔い程度で済むので体にもあまり負担はかからないと思います。

 

 じつは私もストロングゼロを飲んでいて、吐いてしまったことがあります。

その時の酒量は1.5L。全部ストロングゼロでした( ̄▽ ̄;)

 

アルコールの量にして100ℊを超えていますから明らかに飲みすぎ。

下手をすれば救急車行だったかも知れませんね…反省してます。

 

 今は350ml缶を1,2本程度に抑えていますので、そういったことも起きていません。

 

 何度かセルフ人体実験をしてみたところ、私のストロングゼロ限界は1Lのようです。

 

 でも、ストロングゼロって飲みやすいから酒量が増えちゃうんですよね・・・

 

以前にストロングゼロでさっさと酔って寝ちゃえばご飯食べずに済むからダイエットになるんじゃ!?なんてあほなことを考えていましたが、結局うまくいくわけもなく、速攻で挫折してしまいました(笑)

 

 皆さんもお酒はほどほどにしてくださいね!

 

 皆さんの糖質制限がうまくいきますように。

 

 本日もご覧いただきありがとうございました。


スポンサードリンク

-糖質制限, 食べ物・飲み物

Copyright© 糖質制限応援.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.