【簡単解説】糖質制限ダイエットに生クリームはとてもおすすめ。高脂質・高カロリーを逆手に取ろう!【動物性がおすすめ】

生クリームの脂質ってどれくらいあるの?

ダイエット中に生クリームってあり?

 

こんな疑問に答えます。

 

 こんにちは。

 

糖質制限ダイエット中にするべきことの一つのカロリー摂取。

 

 これはたくさん摂るということではなく、エネルギー不足にならないようにダイエットだからと言って食べるのを控えすぎないことを意味します。

 

 ここが糖質制限ダイエットの難しいところですよね。

 

ダイエットなのにしっかり食べる、という今までの常識にないことです。

 

 今まではずっとカロリー制限系のダイエットばかりだったために糖質制限ダイエットは異色の存在ですよね。

 

 その中でも効率よく脂質を摂ることはとても大事。

 

 そこで今日は生クリームをお勧めしたいと思います。

 

スポンサーリンク

生クリームは脂質も豊富で糖質制限ダイエットにはおすすめ

生クリームは脂質も豊富で糖質制限ダイエットにはおすすめ

 

 生クリームはどちらかというと一般的には女性の好物のイメージが強いですね。

 

 ですので、糖質制限ダイエットでも女性に取り入れやすい食材なのではないかと思います。

 

 生クリームには

  • 乳脂肪生クリーム
  • 植物性脂肪ホイップクリーム

という2種類があり、それぞれ糖質やカロリー、脂質も少しだけ違います。

 

 この違いを覚えておくとなお糖質制限に活かせると思いますし、健康にも役立つと思います。

 

生クリームの種類1:乳脂肪生クリーム

生クリームの種類1:乳脂肪生クリーム

 

まずは乳脂肪生クリームについて。

 

乳脂肪生クリームは、牛乳の乳脂肪分を遠心分離で濃縮したもので、

 

特徴はまろやかなコクと味わい。

 

牛乳由来ですから、そのおいしさが残ってるというところでしょうか。

 

一般的に生クリームと呼ばれる商品はこちらのものになります。

 

スポンサーリンク

乳脂肪生クリームの成分

乳脂肪生クリームの成分ですが、

 

100mlあたり

  • カロリー:433kcal
  • 糖質:3.1g
  • 脂質:45.0g

 

となっていて、脂質がおおよそ全体の半分、糖質は100gあたり3ℊ程度ととても糖質制限ダイエットにむいた内容となっています。

 

ただ、次に紹介する植物性脂肪ホイップクリームよりは値段が高いですが、後述するトランス脂肪酸などの健康面を考えれば乳脂肪生クリーム一択になります。

 

生クリームの種類2:植物性脂肪ホイップクリーム

生クリームの種類2:植物性脂肪ホイップクリーム

 

植物性脂肪ホイップクリームは、コーン油、綿実油、大豆油などの植物性油脂に乳化剤を加えたものになります

 

コーヒーフレッシュとかと同じ存在ですね。

 

こちらの一般名称はホイップクリーム

 

植物性脂肪ホイップクリームの特徴ですが

 

  • さっぱりしていること
  • 安いこと
  • 生クリームに比べて格段に日持ちすること。

 

生クリームが10日ほどしか賞味期限がないのに対して、ホイップクリームは2カ月ほども賞味期限があるので慌てて使わなくてもゆっくり使うことが出来ます。

 

スポンサーリンク

植物性脂肪ホイップクリームの成分

植物性脂肪ホイップクリームの成分ですが、

 

100ml当たり

  • カロリー:409kcal
  • 糖質:2.9g
  • 脂質:39.2g

 

となっていて、生クリームと比べると全体的にすこし成分が少なくなっています。そのため味わいもすっきりした感じになっているのでしょう。

 

ですが、このレベルなら全然取り入れれるので、ホイップクリームを取り入れるのもいいかもしれません。

ホイップクリームの注意点

 ホイップクリームは安いのですが、トランス脂肪酸が多く含まれているため多用はあまりお勧めできません。

 

トランス脂肪酸に関しては以下の記事で説明をしてますので、ホイップクリームをたくさん使おうとしている人は一度だけでもいいので目を通しておいてください。

 

あわせてよみたい

こんにちは。   糖質制限中では脂質はとっても大事な大事な栄養素です。   脂質こそが糖質制限のかなめと言ってもいいかもしれません。   ですが、その脂質も出来ればよい脂質を選んでいかなければ糖[…]

生クリームをうまく味方に

生クリームをうまく味方に

 

生クリームは基本的に高脂質・高カロリーなため普通、普通はダイエットでは摂らないように言われるものです。

 

ただ、糖質制限は普通のダイエットと違ってしっかりと脂質を摂ることを要求されるダイエットです。

 

そのため、女性に多い食が細い方、食事の回数が少なく、一日の摂取カロリーが基準値になかなか達しない方には食事の補助として使えば安価に、そして確実に脂質とカロリーを補うことが出来ます。

 

そう考えれば生クリームはダイエットの強い味方となってくれるはずです。

 

物はつかいようと昔から言います。

 

高脂質・高カロリーであるということは考え方を変えれば少ない量でしっかりと脂質、カロリーを補給できるという意味でもあります。

 

デメリットと思われるところをしっかりとメリットに変えて、上手にダイエットしていきましょう!

 

生クリームの使い方、食べ方

 どちらも食べ方は簡単でほとんどMCTオイルと変わりません。

 

  • 直接飲む
  • 飲み物に混ぜる
  • 料理に使う

 

この3種類です。

 

 MCTオイルと違い生クリームはおいしいものが多いのでそのまま飲んでしまっても全然大丈夫だと思います。

 

 もしくは江部医師のように朝のコーヒーに生クリームを混ぜて飲むのもいいでしょう。

 

 コーヒーの味わいがまろやかになってなおかつ脂質もしっかりと摂ることが出きます。

 

 最後の料理はこれはお菓子作りが多いですね。

 

 グラニュー糖を入れる代わりにラカントSやエリスリトールを使えば糖質0の泡立てたホイップクリームが出来上がりますから、ふすま粉や大豆粉で作ったお菓子と組み合わせれば完璧な糖質OFFお菓子の完成です。

 

スプレータイプやホイップ済みは少し注意

 

 生クリームを買うときにスプレーからシューっとだして泡立てがいらない商品などがありますが、これは乱用注意です。

 

 その理由は砂糖が入っているためです。

 

スプレータイプなどの目的は泡立てて味付けするのが面倒な人向けのものですから、簡単に言えば調味済みのホイップクリームなのでそこまで大量ではないにしても砂糖やブドウ糖で味付けをしている分、ダメとまではいかなくても少し使う量には気を付けた方がいいでしょう。

 

例えばAmazonでベストセラーになっているザーネワンダーのホイップクリーム。

 

この商品の成分を見てみると

 

100g当たり

 

  • エネルギー276kcal
  • たんぱく質2.4g
  • 脂質26g
  • 炭水化物8g

 

となっています。

 

生クリームを100ℊも200gも食べる人はあまりいないと思いますが、大量に使うときは注意をしましょう。

 

まとめ

まとめ

 生クリームは私はまだ取り入れたことがありません。

 

ですが、今後機会があれば取り入れたいと思います。

 

そのまま飲むのは少し気が引けるので、軽くコーヒーやプロテインに入れて飲んでみるのもありかなと思います。

 

バターやマヨネーズのように単体で食べることが出来ないものではないですし、カロリーも高いですがそれをいい意味にとらえて、日ごろのカロリー調整に使うといいと思います。

 

皆さんの糖質制限がうまくいきますように。

 

本日もご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!